子育て、大変だけど楽しい。辛いときもあるけど嬉しいことがいっぱい。
お父さんも手伝ってくれるけど、もうちょっと一緒のいてくれる時があったらもっと嬉しいけど・・・
 古里保育園では子育て奮闘中の皆様と同じ視線で考え、共に成長していきたいと、親として、
保育士として、栄養士としてそれぞれの立場から子育てに関する情報を発信してまいります。

はじめの一歩8月号(通算第137号 )

『ピカピカの一年生』

加藤 晶

 今年3月、約4年間通った保育園を卒園した娘。
2才児クラスから入園…「ママがいい」と保育園中に響く大きな声で泣いていたな~。通園の車内、泣き続けることもあり駐車場からクラスの前まで毎日、抱っこして連れて行ったことが今は懐かしく思える。こんな小さかった娘が1年生に…
 4月から新たな環境の小学校での生活が始まった。同時に、私たち夫婦が経験のない学童へ通うことも決まった。新しい環境に慣れるのに、人一倍時間のかかる性格の娘。小さな期待と大きな不安の中、学童初日…
 大好きなハンバーグのお弁当、水筒、そして学習道具の入ったリュックを持って、新生活がスタートした。
 駐車場から娘と手をつなぎ学童へ、30メートルほどの短い距離の中で、私の気持ちは“頑張れ”と応援する反面、行きたくないと泣いてしまうのでは…という不安も大きかった。入り口に着き、学童の先生が挨拶し、笑顔で迎えてくれた。すると、緊張した表情ながらも「おはよう」と答える娘…遅れて私も挨拶し、娘に「がんばってね」と声をかける。戸惑うことなく、どんどん室内へ入り、先生に教わりながら身支度を始める娘、窓越しにニッコリ笑顔で私に手を振る姿を見て、成長したな~と涙が溢れてきた。
 通勤する車中、泣き虫だった娘が、私よりよっぽどたくましくなっていることに涙が止まらなかった。
 その日、帰宅すると「学童楽しかった~」と満面の笑みの娘。一回りも二回りも大きくなったなと感じた。

黄色帽子に重たいランドセルを背負って通学し、3ヶ月が過ぎる中、町が主催する短期のダンス講座に申し込んだ。
 土、日、午前中2時間の練習に参加し、また商業施設メインコートにての発表会...大勢のの観客の前で、笑顔まで見せ、踊りきった。やり遂げた娘の表情はキラキラとしていた。
 新しい事に挑戦したいという気持ちを大切にし、色々な経験をして自信へとつなげていって欲しい。

まだまだ、スタートしたばかりの学校生活…そして今、夏休み中、近所の友達と顔を見合わせて、何やら楽しそうに話しながら学童へと向かう後ろ姿が微笑ましいこの頃。
 これからもがんばれ ピカピカの一年生。


137加藤晶先生022.jpg

137ピカピカの一年生
136人のチカラ
135自分を振り返る
134子育て3年生
133給食
132弟
131大事な栄養
130姉と妹
129笑顔に癒されて
128「おめでとう」と受け入れて
127夜寝る前に・・・
126永遠の人気者
125朝のギューッ
124祖父の面影
123子どもの成長
122大人の言葉・子どものための言葉
1211年生になったら
120厄払い
119思い出の階段
118大工の父
117空想の世界
116だるまさんが転んだ
115年をとるって いいことだよ
114国境なき医師団
113息子に教えられ
112子ばなれ親ばなれ
111素敵なママ
110現在(いま)、思うこと
109大事な大事な仲間たち
108テキトウな親友
107つきいち登山
106ともだちとのかかわり方
105手紙交換
104奥多摩で学んだこと
103「世界一貧しい大統領」の話から
102かくれんぼ~
101母の日のできごと
100ふるさと
99我が家
98まだまだ母親1年生
97おじいちゃん
96ラブレターの中身
95時代の流れ
94せいぎのみかた
93『思い出』
92兄、一也へ・・・
91奥多摩生活『秋』
90だるまさんが転んだ
89人との出逢い
88読み聞かせ
87子どもの視線になって
86思い出の一冊
85私にできること
84人生の箱
83優しさが伝わる
82日本の文化
81おもてなし
80商店街
79新しい出会い
78親の気持ち
77出会いに感謝します
76はじめた一歩
75友だち
74「探り」ながら
73ことば
72おばあちゃんの思い出
71体が覚えている遊び
70共食の大切さ
69恩師への感謝
68小中保スポーツ大会
67はなまるの運動会
66忘れ物
65クスリな食べもの?!
64縁
63心温まるひと時
62祭りと私
61小さなエピソードより
60うれしかったこと
59災害への備え
58初心
57つながり
56言葉のパワー