子育て、大変だけど楽しい。辛いときもあるけど嬉しいことがいっぱい。
お父さんも手伝ってくれるけど、もうちょっと一緒のいてくれる時があったらもっと嬉しいけど・・・
 古里保育園では子育て奮闘中の皆様と同じ視線で考え、共に成長していきたいと、親として、
保育士として、栄養士としてそれぞれの立場から子育てに関する情報を発信してまいります。

はじめの一歩12月号(通算第129号 )

『笑顔に癒されて』

小峰美穂子

 先月、2歳児クラスで電車に乗り、奥多摩駅周辺にお散歩遠足に出掛けました。
当日を迎えるにあたり担任同志、何ヶ月も前から計画を立て、危険のないよう話し合いをしました。まずは子どもたちが2人組になり歩くことから練習しました。
「おともだちの手を急に引っ張らない」「前のおともだちを抜かさない」など細かいことを伝えてきました。2人で手をつなぐことが定着したのち、園外に出て短い距離から長い距離を歩くお散歩をくり返しました。はじめから上手には歩けません。前の子を抜かしたり、道の中央に寄っていたりと・・・しかし、辛抱強く伝えることで上手に歩けるようになってきました。毎日の積み重ねが実り、お散歩遠足につなげられたのです。
 園庭から電車を見るたび「バイバイ~」と言う子どもたち。日頃は車での通園でなかなか電車に乗る機会がなく、憧れの電車です。
 当日は、ドキドキ、ワクワクで、どの子も良い表情でした。その反面、引率の職員はケガのないよう危険のないようにと緊張の連続です。しかし、電車に乗ると、山登りの方々に「ワァ~可愛い~」と言ってもらえました。子どもたちもほめられ嬉しくなり、私の心もホッと暖かくなりました。
 また帰りの改札口では電車から降りて来た人に「ようこそ奥多摩へ」と声をかけハイタッチをさせてもらいました。どの方も笑顔でタッチしてくださいました。その中で後から男性の方が降りてきました。私は心の中で、この方は子どもとタッチしてくれないだろうなと思いました。その時1人の子がその人に近寄り「タッチ」と声をかけたのです。この人はハッと気づき姿勢を低くし笑顔でタッチしてくださりました。
 私は、子どもの力はすごいな、何もとらわれず素直に接することで人の心を一瞬にして笑顔にさせるのだと思いました。
 大人は自分を傷つけたくないため先入観を持ち、守りに入ってしまうことがあります。時には必要な場面もありますが、人に対しての見方をくもらせてしまう事もあるのだと子どもに教わった気がします。
 この子たちが大人になった時、心から笑顔になれる瞬間を多く過ごせる人生を送ってもらいたいなと心から願いました。


129美穂子先生004.jpg

129笑顔に癒されて
128「おめでとう」と受け入れて
127夜寝る前に・・・
126永遠の人気者
125朝のギューッ
124祖父の面影
123子どもの成長
122大人の言葉・子どものための言葉
1211年生になったら
120厄払い
119思い出の階段
118大工の父
117空想の世界
116だるまさんが転んだ
115年をとるって いいことだよ
114国境なき医師団
113息子に教えられ
112子ばなれ親ばなれ
111素敵なママ
110現在(いま)、思うこと
109大事な大事な仲間たち
108テキトウな親友
107つきいち登山
106ともだちとのかかわり方
105手紙交換
104奥多摩で学んだこと
103「世界一貧しい大統領」の話から
102かくれんぼ~
101母の日のできごと
100ふるさと
99我が家
98まだまだ母親1年生
97おじいちゃん
96ラブレターの中身
95時代の流れ
94せいぎのみかた
93『思い出』
92兄、一也へ・・・
91奥多摩生活『秋』
90だるまさんが転んだ
89人との出逢い
88読み聞かせ
87子どもの視線になって
86思い出の一冊
85私にできること
84人生の箱
83優しさが伝わる
82日本の文化
81おもてなし
80商店街
79新しい出会い
78親の気持ち
77出会いに感謝します
76はじめた一歩
75友だち
74「探り」ながら
73ことば
72おばあちゃんの思い出
71体が覚えている遊び
70共食の大切さ
69恩師への感謝
68小中保スポーツ大会
67はなまるの運動会
66忘れ物
65クスリな食べもの?!
64縁
63心温まるひと時
62祭りと私
61小さなエピソードより
60うれしかったこと
59災害への備え
58初心
57つながり
56言葉のパワー